ホーム >>ショップ情報
ハイエンド時計の特別な職人技の紹介:細線細工の職人技
古代の細線細工の職人技は、古代エジプトで始まり、紀元前3000年にスメリア人によって発明され、インド、チベット、ギリシャ、イランで発展し、ついにポルトガルでピークに達しました。


細線細工の職人技は、金細工職人の一種です。つまり、金または銀の糸を混ぜて固定し、レースのように透明な中空のグリル効果のある装飾パターンを作成します。


たとえば、カルティエコピーRONDE LOUISCART-IERラピスラズリウォッチ。 この独創的な芸術の傑作は、宝石のセッティングから細線細工、ジュエリーから時計製造、彫刻から漆塗りまで、さまざまな種類の職人技に加えて、金、プラチナ、ダイヤモンドなどの貴重なジュエリー素材の使用を組み合わせています。アートのレベル。 カルティエマスタークラフトワークショップの職人は、金またはプラチナのフィラメントを作成するときに、特別に作られた特別なツールを使用する必要があります。 フィラメントをねじり、巻いて、巻いて、小さなループにカットし、金と銀の糸の細かい職人技によってパターンを形成します。すべての要素は、底ではなく側面に固定されています。職人技を見ることができます。http://www.tokeimall080.com/menu/b139/


前ページ: 非常にハンサムなウブロビッグバンフェラーリブラックセラミック時計のおすすめ
次ページ: ウブロサファイア42mm透明時計、興奮していますか?